胎児精密超音波検査(胎児ドック)

 超音波機器の発達と診断技術の向上により、 胎児の発育や疾患がより詳細にわかるようになってきました。
 近年、産科医療の基幹病院では妊娠初期(11~13週)、中期(18~20週)、 後期(26~32週)に、多くの施設で胎児精密超音波検査(胎児ドック)が行われています。
 このような胎児超音波診断学は、今まさに発展拡大している新分野で、 最先端の知識と技術を持った専門技術者が、 時間をかけて詳細に胎児スクリーニングを行います。

 この度、大阪北部の基幹病院・胎児外来で、 実際に胎児スクリーニングを行っているスクリーナーが、当院に出向いて 最新鋭の4Dエコーで胎児精密超音波検査(胎児ドック)を実施することになりました。
 具体的には、胎児の発育不全・形態異常・先天性奇形・母児のリスクについて詳しく検索します。

検査日時

以下の点について、ご了承ください。

精密超音波検査で、赤ちゃんの異常が分かる確率は約50%で、次のことは分かりません。

  1. 染色体や遺伝の異常:可能性の推測はできますが、確定はできません。
  2. 小さな異常など:超音波ビームが届かない場合や赤ちゃんの向きにより、診断が出来ない場合があります。
  3. 臓器の成熟や発達・組織の性質:臓器の機能や成熟度・組織の異常については分かりません。

同意書

胎児精密超音波検査の同意書で、以下の内容について”知らせてほしい”あるいは”知らせないでほしい”のどちらかを確認いたします。

  • 性別(ただし正診率は95%)
  • 染色体異常の可能性
  • 致死性の疾患(生きていくことが出来ない重度の病気)またはその疑い
  • 妊娠中に、または、生後直ちに治療することで赤ちゃんを助けることが可能な疾患、またはその疑い
  • その他、特に申し出があった検査事項
  • 上記以外の情報について

また、以下の内容について、同意を頂きます。

 超音波検査で分かった結果の一部を、研究データとして使用することがあります。その際、個人情報は消去するため、お名前や個人を特定できる情報が研究結果の報告や発表に使用されることは一切ありません。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

胎児精密超音波検査の申込み

所定の申込用紙があります
妊婦健診などでご来院の際、担当医師あるいは受付事務にお問い合わせください。

優待割引
当院で妊婦健診中の妊婦さん、または、当院でご出産予定の妊婦さんを対象に、胎児精密超音波検査の優待割引を行っています。申し込みの際に受付でご確認ください。